RPAのサービスデスクでは何ができるか

近年多くの企業で注目を集めているのがRPAです。RPAとは繰り返し行う作業など、定期的に行う業務をロボットによって自動化するシステムです。ロボットというと大がかりな機器を想像してしまう人も多いですが、RPAはパソコン上で自動化するロボットシステムであり、導入に非常に多くのコストがかかるシステムではないため比較的中小企業でも取り入れやすいシステムであるといえます。RPAを導入することで多くの業務を行う短時間で行うことができるようになります。人材の確保が難しくなっている現代においてRPAは何十人、場合によっては何百人もの働きを瞬時に行うことができ、人材不足の解消に役立てることができるため非常にメリットがあるものです。またサービスデスクのような人的な判断が必要な場所においてもRPAの活用が進められています。

RPAをサービスデスクで活用する方法とは

多くの企業から注目を集めているRPAは、単純な作業を自動化することができるため、こうした業務において効率化に役立てられるケースが多いです。またデータの収集や分析なども活用することができ、既に導入している企業では経理部門に活用されているケースが多いです。RPAは単純作業や決まったプロセスをこなすため人的は判断が必要となるサービスデスクでは活用されないと考えられている場合も多いですが、例えば簡単なメールの返信であればRPAでも可能です。また顧客の対応をRPAが行うことはできませんが、顧客の情報をデータ化したり、データと照会したりといった事務作業にRPAを取り入れることが可能です。RPAをサービスデスクで取り入れた企業では顧客情報との照会に時間がかかっていたものがRPAによって熟練スタッフ数名が行っていた仕事を新人1人でも可能になった事例もあります。

RPAをサービスデスクで取り入れることのメリットとは

RPAはあらゆる事務作業を自動化することができるため業務を効率化することができます。RPAはサービスデスクでも取り入れることが可能で、人手不足を解消できるというメリットがあります。サービスデスクは離職率が非常に高く、さらに研修期間が長いことやあらゆる知識が必要となるため、人材育成に時間がかかるため多くの企業では慢性的に人手不足となっています。サービスデスクの業務の中には顧客対応の履歴を報告するために転記したり、また対応の履歴のデータのバックアップを行ったり、勤怠や残業などの管理などあらゆる事務作業が付属していることが多いです。こうした作業を自動化することで本来時間を割きたい人的判断が必要な事柄に、時間を割くことが可能となり、少ない人材でも業務をスムーズにこなすことができるうえ、顧客側も対応に満足いく可能性が高いのです。